アラサーの僕がやりたいことをやってみた

アラサーの僕がやりたいと思ってることをやっていくブログです。

【漫画】心に響くセリフ ブルーピリオド名言その1

スポンサーリンク

どうも。田中(@tanakanaka1111)です。

漫画やアニメって心揺さぶられる名言が多いですよね。

今回は何かを決断する時に背中を押してくれる名言を紹介します。

 

ブルーピリオド:美術の先生の言葉

f:id:tanaka1118:20190703144410p:plain

山口つばさ/ブルーピリオド1巻より引用

わかりません!

でも好きなことをする努力家はね最強なんですよ!

 

こちらは美大を目指そうか迷っている主人公が先生に美大に入れると思うか尋ねたシーン。

この時点では主人公はまだ美術部にすら入っていません。

だけど授業で描いた絵によって初めて自分の思いが人に伝わった感覚を覚え、それ以降絵を描くことがやめられなくなりました。

初めて夢中になれるものを見付けた主人公。

だけど、その道は先の保証も何もない茨の道。

心が揺れる主人公。

そんな主人公の背中を押してくれた名言でした。

 

 

好きという気持ちがあれば何でもできるとは思いませんが、好きという気持ちを原動力にしていればきっと頑張れると思います。

 

 好きなことに挑戦したいけど悩んでいる。

そんな人に伝えたい言葉ですね。

 

 

ブルーピリオドのあらすじ

成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生「矢口八虎(やぐちやとら)」は、ある日一枚の絵に心を奪われる。

その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。

 

ブルーピリオドは世渡り上手で何でも出来るが夢中になれるものがなかった主人公が「絵」という夢中になれるものを見付けて美大を目指すスポ根受験漫画です。

 

こちらの作品は現在月刊アフタヌーンで連載中です。

青春漫画・スポーツ漫画・部活漫画・受験漫画などが好きな人にはおススメです。

現在kindle版で1巻が無料で読めますので、ぜひ読んでみてください。


ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)