アラサーの僕がやりたいことをやってみた

アラサーの僕がやりたいと思ってることをやっていくブログです。

そうだ、リアル脱出ゲームに参加しよう

スポンサーリンク

どうも。田中です。

僕の最近のやりたいこと。それはリアル脱出ゲームです。

 

 リアル脱出ゲームとは

2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実 世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。2007年に初開催して以降、現在までに360万人以上を動員。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を熱狂の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテイメントである。*1

 

 詳しくはこちらのサイトへGO

realdgame.jp

 

正直謎解きが好きな人にとってはめちゃめちゃ楽しい。

僕も何度か参加したことがあるが、めちゃめちゃ楽しい。

なんなら一人で行って知らない人とチームを組んで参加したこともある。

それでも楽しい。

 

リアル脱出ゲームとは何か簡単に説明すると

1、参加者は部屋に閉じ込められます

(実際に部屋に閉じ込められることもあれば、閉じ込められたという設定の場合もある)

2、部屋の中にある謎や暗号を解いていきます

(ヒントとなるアイテムがあるのでそれを見付けて解いていきます)

3、謎を全て解き明かし、部屋から脱出します

 

これだけ読むとすごく単純に思えますが、公演によって様々なストーリーがあり、感動あり笑いあり涙あり悔しさありと様々な感情が味わえます。

ちなみに脱出できた時の喜びは半端ないです。

思わずドヤ顔です。

f:id:tanaka1118:20181004223856j:plain

 

僕が今度参加しようと思っているのはリアル脱出ゲーム×名探偵コナン「奇術城(マジシャンズキャッスル)からの脱出」です。

※こちらは2015年に開催されたもので再演となっています

f:id:tanaka1118:20181004225956j:plain

ストーリー

1990年代、ある奇術研究家が人里離れた山奥に建てた一件の屋敷。
各部屋にはマジックを応用した仕掛けが施されており、世界中の奇術家をうならせた。
人はその屋敷を奇術城と呼んだ。
ある時、その奇術城に怪盗キッドから予告状が届く。
「マジシャンズキャッスルに眠るビッグジュエルを頂戴する」と。
怪盗キッドから秘宝を守るために訪れた、あなたたちとコナン。
奇術城にたどり着いたその時、なぜかこれまで開かなかった開かずの扉が開く!
その中に入ると背後で扉が閉まり、あなたたちとコナンは閉じ込められてしまう!
怪盗キッドが狙う秘宝とはなんなのか?
そして、この奇術城に隠された驚くべき秘密とは?
あらゆる謎を解き明かし、あなたは怪盗キッドとの対決に勝利することができるだろうか?

 

プレイ形式はホール型。6人1チームとなり、各回60人ほどが同時に参加します。

謎はチームごとに解いていきますので、他のチームとは協力は出来ません。

ヒントはもちろん聞いてはいけませんし、謎が解けて興奮して答えを大声で言ってもいけません。

そっとチーム内だけで盛り上がりましょう。

 

打倒怪盗キッド!目指せ脱出!

今から楽しみです。

 

 

*1:SCRAPサイトより引用