田中の福岡食べ歩き日記

福岡にあるおススメグルメやカフェに実際に行った感想日記。

MENU

僕はきっとパートナーのためにオタクをやめれないだろう

スポンサーリンク

どうも。田中です。

先日こちらの「パートナーのためにおたくをやめました」を読ませてもらいました。

 

ico-iiwake.hatenablog.com

 

僕も漫画が好きでアニメが好きで二次創作を見るのが好きでと、そこそこのオタクです。

以前はどハマりしていたアイドルもいて、2カ月に1回くらいのペースで福岡から東京遠征に行ったりもしていました。

イベントがあるたびに北海道~沖縄間を飛び回り、今では飛行機のチケット取りからホテル予約まで完璧です。

一般の方からしてみればそこそこどころか立派なオタクと言われるかもしれませんね(笑)

あまりこの言い方は好きではないのですが、僕らオタクは一般の感覚の方からしてみれば異常な感覚の持ち主かもしれません。

 

「大人になってもまだ漫画やアニメを見てるの?」

「もういい歳なんだからアイドルのおっかけなんてやめろよ」

「そんなにお金使って馬鹿じゃないの?」

とかなんとか思われてるのかもしれませんね。

 

僕はまだ独身ですからこの方とは違い、お金もある程度自由がききます。

(稼ぎが少ないので最近は自重してますが)

がみがみ言われることもありません。

「好き」を否定されることもありません。

でも、もしこの方と同じようにパートナーに僕がオタクであること、僕の好きなことをこころよく思われなかったら?

僕はオタクをやめれるのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

僕はきっとパートナーのためにオタクをやめれないでしょう。

だって、好きなんですもん。

こう書くと「愛する人よりも大事なのか!」と言う人もいるかもしれませんが、そもそも比べるものでもないんですよね。

精神的に落ち込むことがあっても漫画を読むと元気になれますし、また頑張ろうって思えます。

どれだけ疲れてても大好きなアニメを見れば疲れなんて吹き飛びます。

僕のツイッター@tanakanaka1111)を見てもらえばわかると思いますが、ひたすら同人作家さん達の絵や作品を見て荒ぶってますしね(笑)

僕は好きをやめることは出来ません。

やめれないと言った方が正確かもしれません。

やめてくれと言われて、「はいわかりましたやめましょう」にはなれないんです。

どうにか折り合いをつけて活動を減らすことはできたとしても、それでもやめることはできないんです。

だって、好きって理屈じゃないんですもん。

だからきっと僕はパートナーのためにオタクはやめれないです。

 

 

まぁ、今僕パートナーいないんですけどね。

 

 

だからオタクはやめられない。 [ パカチャン ]

価格:1,080円
(2018/10/12 16:16時点)
感想(0件)