アラサーの僕がやりたいことをやってみた

アラサーの僕がやりたいと思ってることをやっていくブログです。

好きなアイドルが芸能界を引退する

スポンサーリンク

どうも。田中(@tanakanaka1111)です。

僕の好きなアイドルが芸能界を引退すると発表しました。

以下は気持ちを整理するための書きなぐりです。

 

彼女はグループに所属していてもうメンバーの中ではすでに最古参になっていた。

1番の新人だった彼女が1番古いメンバーに。

18歳からグループに加入して約8年。

彼女ももう27歳だ。

時の流れは早い。

同じ福岡ということもあり彼女に親近感を覚えた。

まだまだアイドルになりたてで慣れないステージパフォーマンスに苦手なダンス。

一生懸命頑張る姿に心が動かされた。

いつしか彼女はグループの中心メンバーとなっていた。

彼女の歌が好きだった。

彼女の笑顔が好きだった。

彼女に会うとたくさんの元気をもらえた。

基本的にライブやイベントは東京が多かったが、距離何て気にならないほど現場に通った。

ライブ後はまた明日から頑張ろうと思えた。

僕はこのグループが大好きだった。

でも気づけばメンバーの卒業、新メンバーの加入を繰り返し僕が1番好きだった頃のメンバーは彼女1人になっていた。

そしてその彼女も来年の2月にグループを卒業する。

そして芸能界も引退してしまう。

正直卒業はそろそろかなとは思っていた。

でもまさか芸能界も同時に引退するなんて。

予想外だ。

予想外でダメージが大きい。

引退発表を聞いた時は心にぽっかり穴が空いたみたいだった。

未だに頭がうまく働かない。

何度経験してもこの感覚は慣れない。

アイドル戦国時代と言われこの世の中には地下アイドルも含めれば数えきれないほどのアイドルがいるだろう。

毎日どこかで新しいアイドルが生まれ、どこかで誰かが引退していく。

それでも僕の好きなアイドルは彼女達だけだった。

芸能界を引退するということはもう二度と彼女の歌が聴けないということだ。

もう二度と彼女のダンスが見れないということだ。

もう二度と彼女の笑顔が見れないということだ。

もう二度と会えないということだ。

その現実が僕は悲しい。

たかがアイドルという人もいるだろう。

だが僕にとっては「たかがアイドル」なんかじゃなかった。

ありがとう。

あなたは僕の青春でした。

 

 

 

っていい感じにまとめたけど駄目だやっぱ寂しい。

卒業公演泣きそう。