アラサーの僕がやりたいことをやってみた

アラサーの僕がやりたいと思ってることをやっていくブログです。

『重症』『重傷』『重体』の違い知ってますか?

スポンサーリンク

どうも。田中(@tanakanaka1111)です。

よく交通事故などのニュースで『重症』『重傷』『重体』などと耳にしますが、どう使い分けているのかその違いを知っていますか?
f:id:tanaka1118:20190514201422j:plain


『重症』『重傷』『重体』の違い

言葉が似ていてややこしいですが、違いをしっかり理解しておきましょう。

重症とは

重症とは病気やその症状が重たいことを言います。
恋煩いなどの比喩で使われる時もこちらの重症を使います。
反対の言葉として軽症があります。

重傷とは

重傷とは命に別状はないが、深い傷や重い怪我をした場合に使います。
反対の言葉として軽傷があります。

重体とは

重体とは「意識不明の重体」と言うように、脳や内臓などに大きな損傷があり命に関わる場合に使います。
ニュースなどで重体という言葉が使われた時は要注意です。

まとめ

重症

  • 病気やその症状が重たいことを指す

重傷

  • 深い傷や重い怪我を指す(命に別状はない)

重体

  • 命に関わる場合に使われる

これらの違いを知っておくと、ニュースの見方が変わってきます。
ぜひ豆知識として覚えておいてくださいね。