田中の福岡食べ歩き日記

福岡にあるおススメグルメやカフェに実際に行った感想日記。

MENU

最低賃金と生活保護について考えてみた

スポンサーリンク

どうも。田中(@tanakanaka1111)です。

先日税理士の大河内薫さん(@k_art_u)のこちらのYouTubeを見る機会がありました。

youtu.be

 

この動画はものすごーく簡単に言うと

 

最低賃金1,000円支払うの無理とか言っているけど1,000円でも少ないから!

 

ってことをわかりやすく説明してくれています。

 

 この動画を見るまでは時給1,000円って凄く高いと思っていましたが、この動画を見てその考えは一変しました。

 

 

最低賃金とは何か

そもそも最低賃金とはなんなんでしょうか?

 

最低賃金とは

最低賃金とは法律に基づいて国が定める賃金の最低限度額のことです。

 

アルバイトや就職する時など、給料はお店側が自由に決めることができます。

働く側を不当な金額で働かせることがないように、国が賃金の最低限度額を定めて賃金の最低額を保障するわけですね。

 

現在の最低賃金

最低賃金は基本的に関東の都心部の方が高く、地方の方が少なくなっています。

 

【現在の最低賃金】

1番高い→東京:985円

1番安い→鹿児島:761円

全国平均→874円

 

ちなみに僕の住む福岡は814円でした。

全国平均下回ってる……。

 

時給1,000円になった場合

動画では最低賃金が1,000円になったとして、手取り額は実際いくらになるのか計算してくれています。

 

前提条件として

  • 東京在住
  • 時給1,000円
  • フルタイム勤務(月21日、1日8時間勤務)
  • 社会保険完備
  • 最低限の控除で40歳未満

上記の条件で計算しています。

 

額面給与計算してみた

では実際に手取りがいくらになるのか。

 

1,000円/h×8h=8,000円/日

8,000円/日×21日=168,000円/月

 

つまり時給1,000円で21日(週休2日)1日8時間働いたとして、もらえる月の給料は168,000円になるんですね。

 

これが多いか少ないかで言うとまあ少ないんですけど、それでもちょっと待った!

 

あくまでこの金額は額面上の金額で手取り額ではないんです。

 

手取り金額はいくらになるか

先程計算して額面給与が168,000円と出ましたね。

では実際にここから社会保険や住民税、所得税などを引いていきましょう。

 

例年も168,000円の収入だったとして

 

【額面給与:168,000円】

そこから引かれていくものが

  • 社会保険:24,474円
  • 住民税:5,400円
  • 所得税:2,800円

となり、結果手取り金額:135,326/月になるわけですね!

 

え、フルタイムで働いて約13万?

え、東京で?

え、え、え?

 

 

安すぎるやろ!

 

 

うっそだー。

時給1,000円って高いと思ってましたが、こうやって計算してみると生活できませんね……。

 

生活保護と比較してみた

日本には働けない人のための支援として生活保護という仕組みがあります。

生活保護とは

生活保護とは

生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。

少し前にドラマでもありましたね。 


健康で文化的な最低限度の生活(1) (ビッグコミックス)

 

生活保護はいくらもらえるか

動画で生活保護だといくらもらえるのか解説してくれています。

 

前提条件として

  • 東京都23区在住
  • 母子家庭
  • 5歳未満の子ども1人

上記の条件でもらえる金額がこちら

 

約15万7千円

 

最低賃金だとフルタイム働いても生活保護の支給額の方が多いだと……?

※単身の方と母子家庭の方で比較してしまってますが、生活保護の対象が単身の方でもほぼ金額は変わらないそうです。

 

生活保護で受けられる免除項目

さらに生活保護を受けていると様々な免除項目があるそうです。

  • 各種税金の免除

住民税、地方税、国民年金、所得税、固定資産税、自動車税などの支払いの免除。

地域によっては交通機関の利用が無料になるところもある。

  • 医療費の免除
  •  NHK受信料の免除
  • 水道一部免除(東京、大阪の一部)

などなど。

NHKの受信料も免除なんですね。

知りませんでした。

 

実際に生活保護と比較してみると、働かなくても最低賃金で働く以上の金額が手に入るならそっちの方がいい気がしますよね。

 

しかし、ここで言いたいことはそんなことではないんです。

先ほど生活保護とは何か説明した部分を思い出してみてください。 

生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。

 そう!

健康で文化的な最低限度の生活を保障するための制度なんですよ!

 

時給1,000円でも国が定めた最低限度の生活を保障するための金額を下回っているんです!

 

まとめ

最低賃金が1,000円になったとしても

1日フルタイム8時間で21日働いて手取り額約13万

生活保護でもらえる月の支給額約15万7千円

 

生活保護は健康で文化的な最低限度の生活を送るために必要な金額。

 

つまり

最低賃金1,000円でも足りない!

もっとあげてくれ!

ってことですね!