田中の福岡食べ歩き日記

福岡にあるおススメグルメやカフェに実際に行った感想日記。

MENU

校則で禁止?なぜ学校に日焼け止めを持ってきてはいけないのか

スポンサーリンク

どうも。田中(@tanakanaka1111)です。

最近恐るべきニュースを耳にしました。

福岡は5月の終わりの時期に運動会を行う小中学校が多いのですが、何と学校に日焼け止めを持って来てはいけないという校則があるそうです。

www.nishinippon.co.jp

 

え、なんで?

 

教育委員会によると各学校の裁量に任せており、日焼け止めの使用を禁止しているところはないそうです。

 

記事内で生徒の1人がこうコメントしています。

「先生たちは長袖やサングラスなどで完全防備をしているのに

先生たちは完全防備で生徒である自分たちは日焼け対策ができないなんて、ほんと納得いきませんよね。

 

学校側としては家で塗ってくる分には問題ないとのことですが、日焼け止めは汗などで落ちてしまうので2〜3時間毎の塗り直しが推奨されています。

つまり朝塗ってきても昼には落ちてしまうということ。

昼から外で体育があったらもうアウトですね。

 

また、日焼け止めに対しての学校側のコメントが

日焼け止めを買えない家庭もあるなど、いろんな観点の配慮も必要になる。

って!

 

いやいやいや!

その理由はどうよ!?

 

この理由だったらまだ日焼け止めを化粧品と勘違いして禁止しているとかの理由の方が理解できますよ。

納得はできませんけども。

 

昔は部活中に水を飲むなと言われていましたが、今では積極的な水分補給が推奨されています。

時代とともに色んな考えが変わってきます。

そのことを踏まえて学校側は校則を見直していくべきではないでしょうか。

 

最後に日焼け止めの必要性をお伝えします!

日焼け止めの必要性

紫外線対策のためにも日焼け止めを塗ることは重要です。

紫外線を浴び続けると

  • 肌の乾燥を招く
  • シミ、ソバカスの原因になる
  • 免疫力の低下
  • 皮膚ガン

などを引き起こします。

そんな紫外線を予防するためにも日焼け止めは必要ですね。

紫外線は春から夏にかけてが最も強くなるそうですが、1年を通して紫外線は降り注いでいますので、日焼け止めは1年を通して塗るべきでしょう。 

 

ぜひ皆さんも紫外線対策をしっかり行いましょうね!

 


アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL