田中の福岡食べ歩き日記

福岡にあるおススメグルメやカフェに実際に行った感想日記。

MENU

覚えれば簡単!カレンダーの曜日の数え方

スポンサーリンク

どうも。田中(@tanakanaka1111)です。

突然ですが、本日6月10日は第何月曜日でしょうか?

 

 

正解は、第2月曜日でした!

 

 

突然言われたら一瞬焦りますよね(笑)

ゴミ出しなどでペットボトルは毎月第何〇曜日だの、缶ビンは毎月第何△曜日だのと

決められていますが、

「今日か?あれ、来週?」

とよくわからなくなることが多々あります。

 

ということで、しっかり調べてみました!

 

 

曜日の数え方

簡単に言うと、その月の最初にくる曜日が第1、次にくるのが第2と数えていきます。

つまりその曜日がその月の何回目にきたのかを数えます。

 

例)2019年6月の第3月曜日はいつか

 

6月の最初にくる月曜日は3日ですね。

つまり、3日が第1月曜日。

2回目の月曜日が10日、3回目の月曜日が17日、4回目の月曜日が24日となります。

 

ということは、第3月曜日は17日ですね!

f:id:tanaka1118:20190610213925j:plain

ややこしくなってしまう原因として、カレンダーの数え方で第1週、第2週という言い方があるからかもしれませんね。

 

機械的に覚える覚え方

また別の覚え方として機械的に覚える方法があります。

1日〜7日→第1〇曜日

8日〜14日→第2〇曜日

15日〜21日→第3〇曜日

22日〜28日→第4〇曜日

29日以降→第5〇曜日

 

となりますので、機械的に覚えるこちらの覚え方でも大丈夫です。

どちらで判断するかは個人の好みだと思いますので、お好きな方でどうぞ。

 

いかがでしたか?

常識のようで意外とわからなくなる曜日の数え方。

ぜひゴミ出しの日やお店の定休日を覚える時などに活用してくださいね♪